Return to site

[IoT] ペットを飼われている方必見!ペット×IoTまとめ

「トイレ」「IoT(Internet of Things)」「空席」に関する情報をお届けする特化型メディア「ThroneNow(スローン・ナウ)」

· IoT,ペット,動物

近年、IoTの活用法としてペットが注目を浴びています。

つい先日の8月15日にも、株式会社エクストランがお留守番カメラ「ilbo」の販売を開始されました。

そこで、今回はペットに活用できそう!やペットとのふれあいに使えそう!と感じたIoTデバイスをまとめてみました!

・「ilbo」

はじめに、先ほど発売開始されたと書きました「ilbo」のご紹介です。

「ilbo」は移動できるお留守番カメラになっています。スマートフォンから操作が可能で、カメラ、温度センサ、マイク、スピーカーが内蔵されています。ペットの見守りだけでなく、ちょっとした電気の消し忘れや防犯対策にも良さそうなデバイスですね!

・「しらせるアム」

こちらは、犬や猫の気持ちを把握できるセンサー搭載の首輪型デバイス「しらせるアム」です。

40種類以上の行動分類を行い、喜んで飛びついている時、リラックスしているなど、行動解析を行い、解析結果をスマホで表示するそうです。食事一つ取っても、好き嫌いもわかるそうなので、面白いなーと思いました。

・「Pura」

「Pura」は、スマホと連携して猫の水分補給を管理できる給水器になります。猫に専用の首輪をつけることで、猫ごとの摂取水分量が把握できるとのこと。猫のひげが濡れないような水の流れを作るなど、いろいろ工夫されているようです。

・「Buddy」

「Buddy」は、犬向けヘルスケア用スマート首輪型デバイスです。活動量計だけでなく、光ることによる事故防止機能やGPSを活用した迷子防止の機能があり、愛犬家必須のデバイスになっています。ペットのヘルスケアというのはまだあまり聞きませんが、個人的には必要な考え方だなあと感心しました。

今回はペット×IoTでまとめてみました!ペット市場は微増を続けているそうなので、今後も伸びていきそうな産業です。今後どのようなデバイスが出てくるか楽しみです!

<執筆者情報>

  • 名前:安達 健二(あだち けんじ)
  • 一言:起業を目指して勉強中。まずはトイレ、IoT関連で誰よりも詳しくなろうと思います。宜しくお願いします。
  • Facebook:https://www.facebook.com/DACH1KEN
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly