Return to site

[トイレ] 毎日お通じがある子どもは約6割にとどまる?!

「トイレ」「IoT(Internet of Things)」「空席」に関する情報をお届けする特化型メディア「ThroneNow(スローン・ナウ)」

· トイレ,お通じ,便秘
トイレ | ドア

 では、どうすれば便秘は解消されるのでしょうか?ここでは、[1] 運動による改善方法、[2] 食事による改善方法の2つをご紹介いたします。

  1. 運動による改善方法
    • つま先立ち
      つま先立ちの筋トレをやったことある方はわかると思います。そうです。トレーニング最中にもかかわらず、なぜか便意が。。
      理由としては、血行改善があるということです。つま先立ちをすることで鍛えられる「ふくらはぎ」は、「第2の心臓」と呼ばれており、こちらを刺激することで血行が良くなることが知られているそうです。
      毎日5分程度の気軽に始められる改善方法です。
       
    • 腹筋運動
      続いてご紹介するのは、腹筋運動。
      そもそも「弛緩性便秘」の主な原因として、腸が便を押し出す力が弱くなってしまうことがあるということです。その解消のため、腹筋を鍛えることで、排出するための筋力がつきます。しっかりいきむことのできるように、筋力の衰えを防止することが重要ですね。
  2. 食事による改善方法
    • 非水溶性食物繊維の摂取
      ThroneNow(スローン・ナウ)のオススメは、ずばり、海藻サラダ。バランスよく腸を活性化させる成分が含まれています。
       
    • 乳酸菌やオリゴ糖の摂取
      乳酸菌やオリゴ糖を含むヨーグルトも腸内環境を整えるのに、効果があるということが広く知られています。

さて、大事なのは知ることではなく、実践することです。お金をかけずにやりたいのであれば、まずは運動するのが良いでしょう。

そして、便秘が解消されたら、トイレが空いているか1秒で分かるIoTサービス「Throne(スローン)」を組み合わせてみるのはいかがでしょうか?

急な便意がきても、もう安心。どのトイレが空いているか、すぐに分かります。

さあ、快適なトイレ生活の始まりです!