Return to site

[IoT / トイレ] Throne(スローン)がSlackに対応いたしました。

「トイレ」「IoT(Internet of Things)」「空席」に関する情報をお届けする特化型メディア「ThroneNow(スローン・ナウ)」

· IoT,トイレ,Slack

「トイレが空いているか1秒で分かる」サービス『Throne』。

これまでイベント会場でも使われたりしていますが、オフィスへの導入が今のところ最も多い用途です。

さて、そんな『Throne』ですが、利用者からの強い要望を受けて、チャットアプリ『Slack』に対応いたしました。

今後、弊社から提供するURLに対してのブラウザアクセスを利用する必要すらなくなります(もちろん、引き続き見てもらってもOKですよ!!)。

『Slack』上で、特定のキーワードに対して、トイレが空いているかという結果が瞬時に返ってきます。
例えば、「トイレ」とキーワードを設定して、指定したチャット上で打つと、「空: 3F男子トイレ 2 / 5」と今の状況がブラウザを立ち上げることなく分かります。
 

導入が難しいんじゃないかって??いえ、導入もとっても簡単なんです。

『Throne』と『Slack』を導入している会社であれば、総務や業務推進室などの管理担当者は、『Slack』の管理画面から簡単な設定をするだけ。

さあ、明日から早速チャットでトイレの空き状況が分かる世界を体験してみましょう!

トイレ空席管理IOTサービス「THRONE(スローン)」公式サイト
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly